スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
省エネ住宅ポイントによって、若干影の薄くなりつつあるすまい給付金住宅ローン減税
どんな制度なのか、簡単に説明します。

すまい給付金ですが、消費税引き上げによって住宅取得者の負担を緩和するために創設された制度です。
あくまで、消費税の引き上げによる消費者の負担軽減が目的なので、、消費税の掛からない物件では使えません。
消費税の掛からない物件とは、土地売主が個人の中古住宅などです。
中古住宅も、売主が不動産業者(宅建業者)の場合は対象になります。
ちなみに土地の売買には消費税は掛かりません。土地は不動産なので、消費するものではないからです。

住宅を新築する場合は、概ね該当しますが何点か注意点。
○登記上の持ち分を所有し、その住宅に自分で居住する。
○収入が一定以下。
住宅ローンを使う場合と、使わない場合でも若干条件が代わってきます。

住宅ローン減税とは
○毎年の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税から控除。
○所得税で控除しきれない分は住民税からも控除。

住宅ローン減税は、新築だけでなく中古住宅購入も対象になります。
リフォーム工事も100万円以上の工事費の場合に対象となります。
不動産登記上の持分を所有していなければならない。など注意点はありますが、住宅ローンを借り入れる場合、概ね対象となるでしょう。

では、いったい、いくらもらえるか知りたい という方は、コチラをクリックしてください。
源泉徴収票があれば、より細かくシミレーション可能です。
このような制度を、うまく利用し賢い家づくり を行いましょう。
                            上越支店 伊藤 直人
スポンサーサイト
支店News | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。