スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
こんにちは。
先週はフラット35銀行住宅ローンの違いを簡単に説明しましたが、 『変動金利の未払い利息ってなに…。 という質問をいただきました。
そこで今回は、『未払い利息』について簡単に説明をします。

まず変動金利の利息について勉強してみましょう。
未払い利息

元金と利息を足した金額が毎月の返済金額になり、多くの銀行の変動金利は半年毎金利の見直しを行い、返済額の見直しは5年毎に行われます。
金利の見直しは5年毎。と勘違いしている方は注意してください。
5年毎の見直し時には、125%ルールといわれる制度があり、返済額の増加は、それまでの25%アップが上限になり、急激な金利上昇が起きたとしても、返済金額の上昇を抑えられるようになっています。

ここからが本題。
返済額は5年間変わらないのですが適用金利が見直され、金利が上昇していれば返済額の中に占める利息部分が多くなり、元金部分が少なくなることになります。(上の図を参考にしてください。)
ですから、返済額が変わらない5年間に急激な金利上昇が起き、半年毎の金利見直しで適用金利が引き上げられてしまうと利息部分の金額が返済額を上回ってしまう可能性も出てきます。
この上回った部分を『未払い利息』といいます。
さらに、長期的なインフレになり、金利が上がりつつけた場合、125%ルールのため返済額に制限が掛かり、  『元金がなかなかへらない…。』という可能性も出てきます。
35年の住宅ローンを払い終わっても、返済する元金部分が残っている…。 なんて事も考えられなくはありません。

変動金利』のリスクについて書きましたが、実際にはバブル期のような急激なインフレに再びなる事は考えにくいのも事実です。
バブル崩壊後の住宅ローン金利は20年に渡り下がり続け、現在が金利の底と言われています。
『これ以上の低下は見込めないが、急激な上昇もないだろう…。』というのが一般的な意見でもあります。
住宅ローン金利の推移
無題
過去の住宅ローンの金利を表にしたものです。
住宅ローンを選ぶときは、自分の考え方にあったものを選択してください。
『何を選べばいいか解らない。』と言う方は、お気軽にご相談ください。

それでは12月第4週目 スタッフ予定です
12月21日(月) -
   22日(火) -
   23日(水) - OPEN  
   24日(木) - NAOTO 不在
   25日(金) -
   26日(土) -
   27日(日) - OPEN


ツリー
師走に入り、町の雰囲気も、なんとなくバタバタしているように感じます。
お出掛けの際は、車の運転にご注意くださいませ。
上越支店 伊藤 直人
スポンサーサイト
支店News | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。