スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
こんにちは。 saka-Eです。
すっかり冬らしくなりましたね。


みなさんは、お家の暖房どうしてますか?

新築の場合は、家全体での暖房計画を立てやすいですが、
既存の家の場合、リビングなどの居室は、
エアコンや、石油ファンヒーターなどで温めていらっしゃるかもしれません。

浴室・洗面脱衣・トイレなど、局所的な暖房はどうでしょうか?

欧米と違い、従来の日本の住宅の暖房事情は、
局所暖房が多く、特に、この3ヶ所のお部屋は、
全く暖房していない事が多いと思います。


ヒートショックと言う言葉を聞いた事がある方もいらっしゃると思いますが、
温かい部屋から、急に寒い部屋へ行った時に、
血圧が急変して、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすおそれがあり、命の危険もあります。


局所暖房の方法は、色々あり、お手軽なのは、

 電気ファンヒーター
 パネルヒーター
 オイルヒーター
 遠赤外線ヒーター

など、家電量販店で購入できる物が挙げられると思います。


でも、浴室に設置したい場合は、水を使う所でもあり、湿気があり、
浴室内に、コンセントがある事はまず無く、
市販の物をただ置くだけというのは、難しい現状だと思います。

そこで ヒートショックから身を守るためにも
是非、浴室暖房を設置しましょう


壁付けタイプがありますので、リフォーム向きです。

 P_FY-24UW5_20160113103133bce.jpg

FY-JJ001_2015_157.jpg


設置には、電源の確保や、効果がしっかり発揮出来る状態か
 (窓が大きい、容積が大きい、タイル張りの面積が大きい、密閉性や断熱性が悪い浴室の場合、
  浴室内の室温がほとんど上昇しないことがあります。)
を確認させて頂くため、設置場所の現地調査が必要になります。


まずは、カネタ建設へご相談下さい

あなたのお家にピッタリの、暖房方法・計画をご提案致します


最後に我が家の姫。
髪切りました

kid's photo 2


次回は、支店長sugi です!
お楽しみに!


スタッフ saka-E

スポンサーサイト
スタッフリレー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。