スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
3月に入り、上越地域では、積雪もスッカリ見かけなくなりました。
住宅新築工事を着工するには、これからの時期が多いように思います。

住宅そのものを支える基礎。
住宅基礎こそ、家のとても大事な部分です。
主に2種類ありますが、今回は住宅基礎の説明を少しだけ・・・。

○べた基礎
名称未設定 1
家が建つ予定の場所、すべてをコンクリートで覆い面で支える基礎となります。
現在は広く普及していますが、平成6年頃に考えられ、当時としては斬新的な基礎でした。
ほとんどの部分をコンクリートで支えるので、鉄筋やコンクリートの量が増え、下記の布基礎よりコストは高くなってしまいます。

○布基礎
名称未設定 2
家の外周部分や、間仕切りの壁、柱が入る部分を中心に支えるのが布基礎です。
古くから採用されており、昭和30年代頃にはコンクリートではなくブロックを積んで基礎としていたそうです。


弊社カネタ建設では、地盤調査結果に基づき、建設予定地の地盤の状況、コスト面を踏まえて、お客様に最適な提案をさせていただきます。
「詳しく話が聞きたい。」 と言う方はお気軽にご相談下さいませ。

それでは、3月第2週目 スタッフ予定です。
3月 7日(月) -
    8日(火) -
    9日(水) -
   10日(木) - sugi + Fuji + saka-E PM不在
   11日(金) -
   12日(土) -
   13日() - OPEN

2月中旬の或る朝、弊社施行中の現場から朝日が昇る景色。
名称未設定
夜明けの空気に染まり、澄み渡る空の下、限りなく透明に近い大気を感じた清々しい朝でした。
弊社カネタ建設では、上越地域での暮らしにフォーカスした住宅を提案させていただきます。
上越支店 伊藤 直人
 
スポンサーサイト
支店News | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。